郵送したのは3月26日でしたが、昨日DL公開も果たしまして、ようやくセルフライナーノーツ的なものを。

きっと皆様それぞれの感性で、曲を楽しんでくれてると思います。

僕のこめた思いなんかもまた1つの感性で。

それを交換しあって面白いな!って思いたい。語ろうぜ。

そもそもは10月ぐらいだろうか。

熊本と鹿児島にバズマザーズ追いかける一人旅してたときだっけな。

思考垂れ流しブログのほうで「自分のエゴにまみれた作品を作らなきゃ」って思った覚えがあります。

今までの作品と何が違うのかって部分を、ずっと言語化しようと思っているのだけど、それが今になっても出来なくて、悔しい。でも頑張る。汲み取ってね。

これまでの作品も、(前作はさゆみちゃんと一緒ですが、曲作りという単位で)自分1人で、自分の好きなように作っていて、それは今回も同じ。

でもこれまではきっと、4種類の側面というか。4曲どれも違った顔を見せるように意識をしてたんですね。選曲のときに。

今回の曲たちは、どこか4曲とも似ています。同じような曲だと思ってます。それでも違うのだけれど。どれも一緒なような、そんな気がしていて。

出来た時期が一緒だから、歌詞に共通した言葉がよく出てきてます。だから、今回は同じ方向を向いた、同じ人が書いた、同じ時期に出来た、4曲で、仲間のような、そんな感じがしてます。

自分に言い聞かせる「わたし」の物語だと、思ってます。

背景や舞台こそ違えど、同じように悩む「わたし」が必死に言い聞かせる、そんなショートストーリーが4つ入ったような、そんな感じが、出来てしまった後、自分で思います。

1.数%の思考

この曲はフォロワーのとーこさんとの絡みで生まれた曲です。

とーこさんの「わたしとあなたは全然違う人間同士なのに、ほんのすこしだけ、ほんの数%だけ一緒の部分があって、それが嬉しくて、それを共有できたらいいね」といった価値観から、じゃあそういう曲作るわ、といって、朝バイトのときに作りました(笑)

いわば他人の価値観にインスパイアされて作った曲です。そういう試みもすっごい面白い。

僕自身も、とても気に入っていて。歌詞に関しても上記のことが全てです。

残りの優しさにまみれた部分は各々で受け取ってね、汲み取ってね。

とーこさんと語るなかでも「感性」が重要なキーワードで。アクセントの問題でなかなか歌詞に組み込めないのだけど。それぞれの感性があって、他人の言葉を受け取ってそれぞれの感性で理解する。それって素敵なことだよね。っていう価値観があって。そういう部分も意識してます。

とけるんっぽい曲だなぁ、と、思います。

2.君はどう?

一瀬さんとのコラボ作です。君はどう生きるのか?をひたすら問い詰めるなかなかドSな曲です。

刺さるように問い詰める歌詞だけれど、やっぱりどう生きるのか?はここ2年自分の中で強く意識したテーマでもあるので、ここで曲に出来て良かったと思います。

「重なっていたんだね 僕らが思ったこと ほんの少しだけでいい 伝えてよ」は重なった数%の思考にリンクする部分でもあります。ただメインはどう生きるか、どう笑うか、どう歩くかという部分で。

そういうことってもう大人だから考えなきゃなって。

後悔なく生きたいもんな。

あととけるん曲で初のCメロですね。うまくいって良かった。

メロの歌詞には自分の言いたいことや伝えたいことを散りばめてあります。

ただアコギのストロークが難しかったwww さよならリズム感でしたねw

3.すり減らして

文字通り精神的に摩耗してたときに出来た曲ですw

この曲のメインとなる部分は「あなたらしくなくてもいいよ」の部分で。

というのも、前作「海が見える」で「あなたがいつもあなたらしくいられるように」という歌詞が出てきます。

そこで「あなたらしさってなに?」「らしさってなに?」ということに自分なりの回答を持つべきだなと思って。

らしさって、その人がありたいようにあることなのかなって思って。だから他人がらしくないよ、なんて言うのはおかしいんだって、思ったんだけどね。

他人から見た自分と、自分がいたい自分が一致すりゃいいけれど、そうじゃないときもあるよなって。

だから、あなたらしくないときがあってもいいじゃんね。って思って出来た曲です。

キーが高くてしんどかったです…

4.もう大丈夫

タイトルにもなってるし、たぶん1番好きかなぁ、数%の思考も好きだけど、やっぱこれかなぁ。

この曲の「わたし」はあなたと決別しようとしているストーリーが見えますけど、ここでもやっぱり言い聞かせてるんですね。大丈夫じゃないくせにね。

やっぱりこれもどう生きるの?にリンクしていて、この「わたし」はあなたを置いて生きることを選んで、自分の価値を自分で決めることを選んだみたいです。

自分の生き様は自分が決めなきゃな。そう言い聞かせてるような、気がします。

というわけでここまでざっと書き出してみても、やっぱりリンクしてて、4曲で1つというか、ある意味コンセプチュアルに自然になってしまったような、気がします。同じ時期に作ると歌詞も似通ってきますね、でもだからこそ、そのときにしかできない曲で、3月にどうしても出す必要がありました。出せて、良かった。

技術面ではこれまでZOOM Q2HD1発だったところ、インターフェイス導入して別撮りをしました。ボーカルも何度も取り直せるのでピッチに関しては以前よりマシになったと思うし、ボリュームも聞こえやすくなったはずです。リズムはクリックを使ってますが、それがゆえに微妙なズレが発生してしまうのが悪い点とも。いずれにしても自分の歌唱力やリズム感と嫌でも向き合うきっかけになりました。

いくら部分的にやり直しができても、ズレやミスが多ければ、最終的なクオリティは低くなるという、当たり前のことを理解しました。レコーディングの時間は有限だという忘れがちな大前提がある。

あとはコーラスを今回から導入しました。ボリューム差が曲によって気になるかな、でもコーラスは昔からしていたのでそこまで苦労しませんでした。ギターボーカリストになる前はギター&コーラスだったし。

次回はギターを重ねられたらな。少しずつ、音を増やしていきます。少しずつね。

もうダメだって思っても、また新しい4つの物語ができて、それをそれぞれの感性で受け取ってくれて、いつも、幸せです。続けます。憧れ続けます。自分が折れるまで、ずっと続けるよ。

フリーでダウンロードできますので是非!

とけてなくなる-もう大丈夫