Perfumeとファン

2017/11/12

どんなアーチストにも「昔から応援してくれるファン」というものがある。サザンは新アルバムを出す度にFCの重鎮会員を集めて内容について念入りに打ち合わせしていたというし、かつてのアイドル親衛隊の幹部の多くはそのまま業界に入ったりしたと聞く。


しかしPerufumeにはそうしたファンが今どのくらい生き残っているのだろうか。正直言って、Perfumeは成り行きからか事務所が意図したからか、今、新しいファンしかその前にはいないようになった。Perfumeから見たときにおそらくは顔も名前もわからないような薄いファン。自分たちの何に魅力を感じているのかすら分からないようなファン。事務所のサラリーマンがいちばん扱いやすいファン。でもいついなくなってしまうのかもわからないくらい存在の希薄なファン。


そんなファンばかり育ててしまった原因は、PTA前夜祭で「しでかした」ファン軍団があまりに「濃すぎた」からなんだろうけど。。。反動って怖いね。